2012 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2012 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
振動子の取付
2012/10/27(Sat)
魚探の性能を十分に引き出すためには振動子の取付方が非常に大切になります。
今回は振動子の取付方について簡単にまとめてみます。

【取付方法一例】
 ①インナーハル
 ②トランサム(船尾)
 ③船底
 ④イケス
 ⑤万能パイプ

それぞれの取付方法には一長一短ありますので、
お使いのボート等によって最適な方法を選択するのがベストかと思います。

わからないことや、不安なことはお気軽に魚探プロショップまでお問い合わせください。
スポンサーサイト
この記事のURL | 魚群探知機 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
SF-57 3つの特徴
2012/10/19(Fri)
1.安心の簡単操作 
  
  よく使う「深さ」と「感度」キーを右下に固めて配置しダイレクト操作
  使いやすく直感的に操作可能です。

SF57_10.jpg


  画面左に現在の操作状況が一目でわかる「オペレーションモニター」を配置。
  設定が分からなくなり混乱することがありません。

SF57_11.jpg


  超簡単!!洗練の自動モードを搭載し、どなたでも即使用可能です。
  自動は「釣りモード」も搭載し、魚もバッチリ映ります。

  ダイレクトキーによる簡単操作。
  よく使う操作はボタン一発なので、複雑なメニューを扱う必要がありません。

  安心の日本語表示。
  国内メーカーでの国内製造。表示も全て日本語の「安心魚探」ですから、
  海外製品にありがちな英語表記や難解な操作も一切ありません。
  SF57_13.jpg

  魚が来たら知らせる「お魚マーク」搭載。
  魚探の味方がわからなくても安心して使えます。
  SF57_12.jpg
  
  1周波の簡単魚探でシンプル操作。
  いつも使いなれた一つの周波数でみるから反応が分かりやすいです。
  2周波機と比べて操作ははるかに簡単です。



2.驚きの高性能!!
  
  簡単操作であるにも関わらず、必要な機能は全て搭載したフルスペック魚探。
  ビギナーからプロまで安心してお使いいただけます。

  「新設計の超高感度受信機」により実現した驚異の捕捉性能。
  海底から魚まで、深い水深までしっかりと捉え映します。
  SF57_14.jpg

  出力は余裕の600Wハイパワー。
  ノイズの多い海でも余裕のハイパワー!3万円前後のおもちゃ的魚探とは一線を画します。
  TW01.jpg

  LEDバックライト使用の省電力設計。
  ハイパワーであるにも関わらず省電力を実現。
  バッテリーの消耗を抑えます。


3.低価格
  
  中型魚探としては他の追随を許さぬ破格の低価格!!
  機能はフルスペックでハイパワー感度。
  単なる安いだけの魚探とは違います。
  また、安心の国内メーカーでの国内製造。使いやすさや信頼性は抜群です。

  SF-57
      SF-57 200kHz 600W

  価格や詳細スペックはこちら
この記事のURL | 魚群探知機 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
周波数の違い
2012/10/12(Fri)
本日お客様から周波数についてのお問合せをいただきました。
200kHzと50kHzでどれくらい測深範囲が違うかという内容でした。

一般的には周波数が低いほど指向角が広いです。
例えば、50kHzだと水深100m程だと直径およそ93mとなります。
200kHzだと同じ水深100m程だと直径およそ22mとなります。

魚探画面に映し出される画像としてはこの円錐内の範囲が全て1本の線として
映し出されるので、ポイント選びの精度としてはかなりの差が出てくる事になります。

周波数だけで色々な違いが出てきますので、
主に使用する海、釣りたい魚など色々と考慮のうえご検討ください。

お悩みの時はお気軽に魚探プロショップまでお気軽にお問い合わせください。
この記事のURL | 魚群探知機 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
魚探専用機
2012/10/05(Fri)
魚探専用機のSF-57取扱開始

SF-57

漁師さんも納得の本格的な機能を搭載していますが
初心者でも安心して使えるキー配置。

初めて魚探を使う人からベテランまで大漁を手助けする納得マシン。

もしもの時も安心な国産品です。

詳しくはこちらから
この記事のURL | 魚群探知機 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。