2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
魚探画面の見方②
2012/11/22(Thu)
ボートをポイント周辺で流しながら
魚探の画面を見ていると
水中を漂うプランクトンから
海中を高速で移動する大型魚まで
様々な水中生物の反応を見ることができます。

ただし、それぞれの反応を見ただけで魚の種類を特定することはできません。
反応の表示された水深や形状などを総合的に判断して魚種を絞り込むことになります。
従って魚探画面をみながらイマジネーションを膨らますことが大切です。

魚探画面を参考にしてポイントやタナを絞り込んでいくためには
目的とする魚の生態についても熟知しておく必要があります。

目的の魚が釣れたときには
その時の魚探反応がどのようなものであったかしっかりと記憶しておきましょう。
(たとえば、水深、海底の状況、魚探画面の映り方等など・・・)
そういった時にはGPSプロッター魚探は便利です。

例えば、群れを作って泳ぐ鰯などの反応は比較的はっきりとした
固まりとして画面に表示されます。
これらの反応があれば
周囲には大型の魚が居る確率も高くなります。
大型魚を狙う場合には
個体の反応だけでなくベイトとなる
小魚の反応にも注意しながら探してみましょう。

ちなみに単独で回遊する大型魚がボートの下を通過したときは
魚探画面上にはブーメランのような形で表現されます。

最近の魚探では画面上で
魚群を知らせてくれるお魚マーク等の機能が装備された
機種もありますのでそれらの機能を上手く活用しながら
水深、季節、時間帯など
様々な情報を活用して爆釣をめざしましょう。

wakasagi
画像はSSV-35で捉えたワカサギの群れです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 魚群探知機 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://gyotanpro.blog110.fc2.com/tb.php/17-428a958c

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。