2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
魚群探知機の選び方
2010/01/14(Thu)
各メーカーから様々な機種が発売されている魚群探知機ですが、
どんな機種や機能を選んだらよいのか、お悩みの方も多いと思います。

あくまでも参考としての基準値を並べてみますので、
少しでもお役に立てればと思います。


まずは、主に魚探を利用する海の深さから考えてみましょう。


【代表的な湾】
東京湾・・・水深約30m~50m
三河湾・・・平均水深約9.2m
伊勢湾・・・平均水深約19.5m 最深部約38m

相模湾・・・沖合2km~3kmで水深100m超となる
若狭湾・・・沖合で水深100m超となる


【周波数と深度の参考値】
200kHz・・・約100m
50kHz・・・約500m

以上の観点から考えると、
主に東京湾など比較的水深が浅い湾で釣りを楽しまれる方は、
200kHZの周波数の魚探を選べば大きな問題はないと思われます。

※よくメーカーカタログ等に記載されている測深範囲は最大値と思っておいたほうが無難です。
例えば、測深範囲が200mと明記されていた場合、
魚が明確に映る範囲は約100m
底質の判断は160m
と思っておいたほうが購入後のトラブルは少ないと思います。



魚探のご相談は

http://e-gps.co.jp
スポンサーサイト
この記事のURL | 魚群探知機 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://gyotanpro.blog110.fc2.com/tb.php/2-8a2b1c22

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。